Ⅰ列王記 18章

「エリヤはカルメル山の頂上に登り、地にひざまずいて自分の顔をひざの間にうずめた。それから、彼は若い者に言った。『さあ、上って行って、海のほうを見てくれ。』若い者は上って、見て来て、『何もありません。』と言った。すると、エリヤが言った。『七たびくり返しなさい。』」(42、43節)

今日の箇所の出来事を、新約聖書のヤコブ書ではこう引用しています。「正しい人の熱心な祈りには、大きな力があり、驚くほどの効果があります。エリヤは、取り立てて、私たちと変わったところもない人でしたが、雨が降らないようにと祈ると熱心に祈りました。すると、三年半ものあいだい一滴も降りませんでした。そしてまた、雨が降るようにと祈ると、今度は滝のように降って、草木の緑も回復し、農作物も生き生きと生長するようになりました。」(5:16-18LB)何度祈っても、何も起こっていないと感じる時があると思います。エリヤの祈りは、あきらめずに熱心に祈り続ける人の姿です。必ず、小さな雲が水平線から上ってくる時が来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>