使徒 18章

「ある夜、主は幻によってパウロに、『恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから。』と言われた。」(9,10節)

使徒パウロがイエス・キリストを伝える所はどこでも、人々は彼に反対しました。彼は打たれ、牢に入れられ、石打にされました。彼は

「弱々しく、おずおずと、震えおののきながら」(Ⅱコリント2:3LB)

コリントの町に行きました。そんな彼にイエス様は語られました。

「恐れないで語り続けなさい。わたしがあなたとともにいるのだ。」

恐れへの処方箋は、神の臨在の認識です。

イエス様が共にいるという事実を認識する時、私たちはもう一度立ち上がることができます。主は言われます。

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。」(イザヤ41:10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>