使徒 6章

「私たちは、もっぱら祈りとみことばの奉仕に励むことにします。」(4節)

ユージーン・ピーターソンという学者は言います。

「教会の中に罪があるので、教会に問題を抱えない人はいません。しかし、他にクリスチャンがいる場所はありません。」

教会における人間関係の摩擦は、残念ながら避けられないものなのだと思います。教会が誕生してすぐ信徒の中に対立が生まれました。使徒(教職者)たちは、聖霊に満ちた評判の良い信徒リーダーたちにこの問題を委ねて、自分たちは祈りとみことばの奉仕に専心することにしました。

教会は気をつけないと、「祈りとみことば」の時間よりも、「会議(議論)」をする場になりかねないからだと思われます。

教会はまず何よりも、祈りの場でなければなりません。

聖書の御言葉が語られ、聖書を共に読み、学ぶ場でなければなりません。

問題に対処することに追われるならば、本来あるべき姿を見失ってしまいます。

「祈りとみことば」が教会のあるべき姿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>