申命記 12章

「あなたは一生、あなたの地で、レビ人をないがしろにしないように気をつけなさい。」(19節)

レビ人は神殿で専門的に働くために分けられた人々で、現代の牧師、伝道師と言った教職者と呼ばれる専門職の人たちに適用できると思います。キリストにあって上下関係はありませんが、聖書は教職という役割を担う人たちをないがしろにしないように注意を促しています。教職者たちをないがしろにしてしまう時に、

「あなたがたは、私たちがきょう、ここでしているようにしてはならない。おのおのが自分の正しいと見ることを何でもしている。」(8節)

と神がおっしゃられるように混乱が起こります。

「全焼のいけにえを、かって気ままな場所でささげないように気をつけなさい。」(13節)

と神がおっしゃられているように、神のやり方、神の秩序があります。

私たちは主がお立てになっている教職者たちをないがしろにしないように気をつける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>