申命記 10章

「イスラエルよ。今、あなたの神、主が、あなたに求めておられることは何か。それは、ただ、あなたの神、主を恐れ、主のすべての道に歩み、主を愛し、心を尽くし、精神を尽くしてあなたの神、主に仕え、あなたのしあわせのために、私が、きょう、あなたに命じる主の命令と主のおきてとを守ることである。」(12,13節)

神が私たちに求めていることは何でしょうか?この箇所はかなり明確に記しています。神を恐れ、神のすべての道に歩み、神を愛し、神に仕え、従うことです。単純に聞こえますが、現実はいかがでしょうか。ある青年がイエス様にこんな質問をしました。

「私たちは、神のわざを行なうために、何をすべきでしょうか。」(ヨハネ6:28)

イエス様は答えられました。

「あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。」(同29節)

神が求められていることは、すべて、イエス・キリストを信じることに含まれると言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>