民数記 19章

「しかしその祭司は夕方まで汚れる。」(7節)

きよめる儀式にたずさわる祭司もまた汚れると聖書は言います。きよめるために、自分が汚れると言うのです。イエス・キリストは、神の御子なのに、私たちをきよめるためにあの十字架ですべての汚れを受けられました。聖書は言います。

「あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。」(Ⅱコリント8:9)

榎本保郎師(ちいろば先生)はこう言っています。

「私たちの貧しさ、けがれ、罪のいっさいを引き受け、私たちを富ませ、きよめ、あがなうためにこそ、主は飼い葉おけにまで来たりたもうたのである。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>