ヨハネ 3章

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。」(16-17節)

幼いころ、神様という存在は「バチ」を与える怖いものだと思っていました。そのためにいつも見張っている。失敗したらダメなんだ、と。けれども神様がこんな自分に目を留め、関心を持っておられ、愛して下さっていることを知った時に私の人生は変わりました。神様の愛は、いま、このデイリーデボーションを読んでおられるあなたにも、もちろん、注がれています。目を閉じで、神様の声に耳を傾けてみてください。あなたがここにいることを喜び、人生を導いて下さる方が、今日も共におられます。

「主よ。きょうも私の歩みを助けてください。」

祈りを持って一日を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>