ルカ 4章

「主の恵みの年を告げ知らせるために。」(19節)

イエス様が故郷のナザレの会堂で開かれた箇所はイザヤ61章でした。

「神である主の霊が、わたしの上にある。主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕われ人には解放を、囚人には釈放を告げ、主の恵みの年と、われわれの神の復讐の日を告げ、」(1、2節)
ローマ帝国の支配下にあった当時のイスラエルの人々にとってみれば、

「神の復讐の日を告げ」

という部分は大切な一節だったと思います。

しかし、イエス様はあえてその手前で

「書を巻き、係の者に渡してすわられた。」(20節)

と聖書は言います。

イエス様のメッセージは、復讐の日のメッセージではなく、恵みの年のメッセージでした。

だから聖書は言います。

「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(Ⅱコリント6:2)

「あなたの恵みのメッセージを語り続けられますように。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>