出エジプト 21章

「もしその牛が、男奴隷、あるいは女奴隷を突いたなら、牛の持ち主はその奴隷の主人に銀貨三十シェケルを支払い、その牛は石で打ち殺されなければならない。」(32節)

奴隷の値は銀貨30枚だと言うことです。ゼカリヤ書にこうあります。

「彼らは、私の賃金として、銀三十シェケルを量った。主は私に仰せられた。『彼らによってわたしが値積もりされた尊い価を、陶器師に投げ与えよ。』」(11:12,13)

イスラエルの牧者として労された神に対し、イスラエル人がつけた値は奴隷の値段と同じ銀貨三十シュケルでした。ある神学者は、これは

「神の愛に対する罪人の嘲笑的評価の象徴」

だと言います。イスカリオテのユダも、キリストを銀貨三十枚で売りました。(マタイ26:15)つまり、神が遣わしてくださった神のひとり子イエス・キリストに、嘲笑的評価を下したと。イエス・キリストは私たちを愛するがために、そこまでご自身を低くされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>