創世記 21章

「サラは言った。「神は私を笑われました。聞く者はみな、私に向かって笑うでしょう。」」(6節)

イサクの意味は「笑い」です。神はアブラハムとサラに子供を約束しました。しかし、なかなか生まれません。彼らは待ち続けました。しかし、サラが子供を宿すことができない年になった時、彼らはあきらめて自分たちで跡継ぎを画策しました。しかし、約束通り、サラは子供を身ごもり、生みました。神は私たちの問題解決の道具ではありません。問題を避けるための道具でもありません。神は新しいいのちを与えられるお方です。笑うしかないような、私たちの常識を超えた大いなる御業をなされるお方です。サラは不可能だと笑っていました。しかし、今、神が笑われるのを体験しました。同じように、私たちが笑ってしまうようなことを、神が成し遂げ、神が私たちを笑われるということを信じられるでしょうか。神にできないことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>