創世記 19章

「急いでそこへのがれなさい。あなたがあそこにはいるまでは、わたしは何もできないから。」(22節)

聖書を書いてある通りに理解するならば、この世界の終わりに突然クリスチャンが引き挙げられ(『携挙』と言います)、それから大患難時代と呼ばれる神の裁きがもたらされます。どうして、大患難時代の前にクリスチャンが『携挙』されなければいけないか、その理由が今日の箇所にあります。ロトたちがソドムとゴモラから出るまで、「わたしは何もできないから。」と御使いは言いました。この世界にキリストの教会がある限り、ソドムとゴモラのような神の裁きが下ることはありません。しかし、クリスチャンが取り去られる時、神の裁きがこの地に下ります。その日は必ず来ます。私たちはその日が近いことを意識して、一人でも多くの人に、イエス・キリストを伝えていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>