創世記 2章

「それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。」(24節)

今、世界中で「結婚」が危機的な状況にあります。聖書が定義する結婚とは、男女がするものです。そのように発言することでさえ、問題視される社会の風潮に戸惑いを覚えます。マリッジ・コースのニッキー・リー先生は、「流れを変えよう」と訴えます。結婚は、人間が作り出した制度ではなく、神が制定されたものです。私たちは結婚を貴ばなければなりません。一体となるという意味は、何も努力する必要はないという意味ではありません。何も言わなくても相手は分かってくれるという意味ではありません。すべての関係に共通するように、育む必要があります。互いに、献身する必要があります。互いに、支え合う必要があります。神様が制定された結婚を私たちは大事にする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>