黙示録 11章

「それから、天にある、神の神殿が開かれた。神殿の中に、契約の箱が見えた。」(19節)

「天にある神の神殿が開かれて、契約の箱が見えた」というのは、旧約聖書では考えられない内容です。これは旧約聖書では、年に一回だけ、大祭司だけがいけにえを携えてのみ見ることができた光景でした。契約の箱が意味しているのは、もちろん、神と人との契約、約束です。つまり、「神の約束は永遠に変わらない」ということを意味しています。小さなコインで、私たちはあの大きな太陽を自分の目から隠すことができます。同じように目の前の小さな問題で、神の大きな愛を見えなくすることができます。私たちは自分の目の前のコインをのけて、神の大きさを感じる必要があります。世界は預言されたように向かっています。私たちを愛し、私たちのこの人生にさえも関心をもっておられる永遠に変わらない主は生きておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>