ゼカリヤ書 7章

「この国のすべての民と祭司たちに向かってこう言え。この七十年の間、あなたがたが、第五の月と第七の月に断食して嘆いたとき、このわたしのために断食したのか。あなたがたが食べたり飲んだりするとき、食べるのも飲むのも、自分たちのためではなかったか。」(5,6節)

イスラエルの人々は、ネブカデネザル王によって滅ぼされたことを覚えるために、第五の月に毎年断食していました。神殿が建て直されたので、

「もうしなくてもいいですか」

と尋ねると、神様が、

「そもそもどうして断食しているのか」

と問い正しました。神様のためというよりも、

「自分たちのためにしてきたのではないか」

と。儀式化することの危険性は、意味を見失うということです。聖餐式も、キリストとの交わりを求めなければ、ただのパンとぶどうジュースにすぎません。神様は、

「儀式を行うことで満足していないか?あなたの心はどこにあるのか?」

と問われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>