1ペテロ 4章

「語る人があれば、神のことばにふさわしく語り、奉仕する人があれば、神が豊かに備えてくださる力によって、それにふさわしく奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して神があがめられるためです。栄光と支配が世々限りなくキリストにありますように。アーメン。」(11節)

神の偉大さ、寛大な愛の現れとして、神は私たち一人一人に賜物を与えられました。皆、何かしら特別な賜物、才能があるはずです。大事なことは、それらの賜物、才能は、神があがめられるためにあるということです。残念ながら、自分の栄光のために用いている人たちがいます。しかし、使徒パウロは言います。

「いったいだれが、あなたをすぐれた者と認めるのですか。あなたには、何か、もらったものでないものがあるのですか。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか。」(1コリント4:7)

努力して会得できたものも、神の恵みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>