へブル 8章

「神が新しい契約と言われたときには、初めのものを古いとされたのです。年を経て古びたものは、すぐに消えて行きます。」(13節)

このヘブル人への手紙が書かれた直後、神殿は崩壊し、旧約のいけにえの儀式は終わりを告げました。しかし神様は、キリストの十字架と言う明確で、ただ一度で十分ないけにえを成し遂げ、新しい契約を与えられました。神のみことばは変わることはありません。しかし、単に古い習慣に固執するのならば、それは、消えていく運命にあります。

私たちの主は、今、生きておられ、

「見よ。わたしは、すべてを新しくする。」(黙示21:5)

とおっしゃられる神です。聖書は言います。

「主のあわれみは尽きないからだ。それは朝ごとに新しい。」(哀歌3:22,23共)

私たちは、日々、新しい心をもって、キリストにある新しい契約の中に生かされていく者です。

今日は主の日。新たな心をもって主に礼拝を捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>