へブル 4章

「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」(15,16節)

イエス様は、天の御座から私たちを見下ろして、蜘蛛の糸をたらすという方ではありません。実際に人となられて、この地上を歩かれ、私たちと同じように試みを体験されました。ですから、私たちが日々直面する問題、悩みを理解してくれます。私たちの弱さをご覧になって、切り捨てる方ではありません。また、達観して、あきらめの境地に私たちを導こうというわけでもありません。私たちにおりにかなった助けを与えたいのです。私たちは助けを受けるために、主の御前に出て行く必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>