ミカ 6章

「主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行ない、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。」(8節)

何が良いことで、何を神が私たちに求めておられるかが記されています。

まず第一番目は、公義を行うこと。

神は義なる神ですから、私たちが不正をすることを望まれません。

第二番目に、誠実を愛するということ。

「誠実」と訳された英語の単語は、「信仰が満たされる」(faith-ful)と書きます。「信仰に生きること」と、「誠実に生きる」ことは、コインの裏表です。

第三番目は、へりくだって神と共に歩むこと。

もっとも、神の方がへりくだり、人となり、私たちと共に歩んでくださいました。神の御子、キリストの十字架のゆえに、キリストを信じる者は、生ける神と共に人生を歩むことができます。自分の力で何でもできると傲慢にならず、へりくだって神と共に歩むことができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>