ダニエル 7章

「私がまた、夜の幻を見ていると、見よ、人の子のような方が天の雲に乗って来られ、年を経た方のもとに進み、その前に導かれた。この方に、主権と光栄と国が与えられ、諸民、諸国、諸国語の者たちがことごとく、彼に仕えることになった。その主権は永遠の主権で、過ぎ去ることがなく、その国は滅びることがない。」(13、14節)

「年を経た方」とは父なる神、「人の子のような方」とは子なる神、イエス・キリストです。ここでは、このダニエルの時代の後に現われる四人の王と帝国を、四匹の動物で象徴していると言われます。獅子のような動物はバビロン帝国、熊はペルシャ帝国、豹はアレキサンダー大王のギリシア、そして、最後の獣が象徴しているのはローマ帝国だと考えられます。大事なことは、これらの王の主権は一時的で、過ぎ去り、その国は滅んだということです。しかし、神の主権は永遠で、神の御国は滅びることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>