Ⅰテサロニケ 4章

 「次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。」(17節)

パウロが書いていることを文字通り理解するならば、この世界の終わりに、イエス・キリストが再び来られて、その時、キリストを信じる者たちは天に引き上げられ(携挙され)、空中でキリストと会い、永遠にキリストともにいることになります。その日がいつになるかの言及はパウロはしません。それはイエス・キリストがはっきりとこうおっしゃられたからです。

「ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。」(マルコ13:32)

イエス・キリストのポイントは、「いつ帰ってきても大丈夫」という良い緊張感の中で生きていくということです。一日一日を、今日、天に引き上げられても感謝できるように、大切に生きていくということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>