エレミヤ 40章

「しかし、アヒカムの子ゲダルヤは、カレアハの子ヨハナンに言った。『そんなことをしてはならない。あなたこそ、イシュマエルについて偽りを語っているからだ。』」(16節)

私たちはすべての人が自分に対して好意を持っていると考えたいと思います。ゲダルヤもそうでした。彼はヨハナンがせっかくイシュマエルが彼の命を狙っていることを告げたのに、ヨハナンの忠告を受け入れようとしませんでした。聖書はとても現実的です。私たちが生きているこの世界は天国ではありません。使徒パウロもこのような言い方をしています。

「できる限りあらゆる人と仲良くしなさい。」(ローマ12:18LB)

私たちはすべての人が自分に好意を当然もってくれると考えるべきではありません。自分に好意をもつことができない人もいることをも受け入れて、できる限り、仲良くする姿勢が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>