エレミヤ 38章

「エレミヤは、エルサレムが攻め取られる日まで、監視の庭にとどまっていた。彼はエルサレムが攻め取られたときも、そこにいた。」(28節)

 エレミヤは「涙の預言者」と呼ばれます。彼は再三再四、神の預言を語り、忠告し続けました。しかし、彼は何もすることができず、結局、エルサレムが滅ぼされた時、牢に閉じ込められたままだったと言います。どんなに忠告しても、なすすべもなく忠告した相手が悲劇へと向かってしまう時、私たちは自分の無力さに涙します。エレミヤは失敗者だったのでしょうか?いや、彼の役割は、神のことばを語り続けることだったことを考えますと、彼はまさに、自分の使命をまっとうしたのだと言えると思います。伝道もそうです。私たちは福音を提示する責任はありますが、その人を導けるかどうかは、その人の自由意志です。イエス・キリストを指し示し続けることが、私たちに求められていることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>