イザヤ 49章

 「見よ。わたしは手のひらにあなたを刻んだ。あなたの城壁は、いつもわたしの前にある。」(16節)

LBではこう訳しています。

「わたしはおまえの名を手のひらに入れ墨した。わたしの目の前にはいつも、くずれたエルサレムの城壁がちらついている。」

私たちは時として、「神様は自分のことなんか忘れてしまったのではないか」と感じてしまう時があります。しかし、それはありえないと聖書は言います。私たちがイエス・キリストを自分の救い主として信じる時に、私たちの名は神様の手のひらに刻まれるというのです。ただ、墨字で書くのではなくて、永遠に残るように刻むというのです。つまり、神様が私たちを忘れることはないということです。そして、神様は私たちの状況もしっかりと分かっていると言います。神様は決して私たちを見放さず、見捨てません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>