イザヤ 42章

「わたしは主、これがわたしの名。わたしの栄光を他の者に、わたしの栄誉を刻んだ像どもに与えはしない。」(8節)

ここで「主」と訳された言葉は、「YHWH」です。イスラエルの人々は、この神の名を呼ぶのを恐れて、この単語が出るたびに「主」と呼び直していました。イエス様の時代には、すでに旧約聖書はギリシア語に翻訳されていましたが、ギリシア語でも、「主」という意味の言葉に訳されました。興味深いことは、このギリシア語訳の聖書を読んでいた使徒パウロは、こう言います。

「すべての口が、『イエス・キリストは主(YHWH)である。』と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。」(ピリピ2:11)

つまり、イエス・キリストは「YHWH」であるが、父なる神とは別の位格(person)であると言うのです。ここに、聖書の神、「YHWH」は父、子、聖霊の三位一体の神であることが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>