伝道者 4章

「貧しくても知恵のある若者は、もう忠言を受けつけない年とった愚かな王にまさる。」(13節)

 この箇所のポイントは年齢ではなく「知恵」です。

どんなに年を重ねても、人の忠告に耳を傾けられなくなってしまうなら、どんなに経験がないような若者でも聞く耳がある分、まさっていると言うのです。私たち人間は気をつけないと、経験を積んだ分、さまざまなことを知った分、何でも分かってしまったかのように、王のようになって、聞く耳がなくなってしまう傾向があります。いつも謙遜に聞く姿勢を持たなければいけないというのが、この箇所が教えていることです。これは信仰生活にも起こりうることです。信仰生活が長くなると、何でも分かっているかのように錯覚し、メッセージを謙虚に聞けなくなってしまったりする危険があります。

「主よ、謙虚に聖書のメッセージを聞けますように。」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>