伝道者 2章

「人には、食べたり飲んだりし、自分の労苦に満足を見いだすよりほかに、何も良いことがない。これもまた、神の御手によることがわかった。」(24節)

もちろんこの箇所も、「日の下」という「神様の現実をぬきに考えると」と言う部分があります。しかし、同時にこの世における人生のバランスの大切さを指摘していることも心に留める必要があります。食べたり飲んだり、仕事を楽しむことも、神の御手の中にあると聖書が言います。この箇所をLBではこう訳しています。

「そこで私は、食べたり飲んだりすることと、仕事を楽しむこと以外に生きがいはない、と判断しました。しかも、このような楽しみさえ神様の御手から来るとわかったのです。というのも、神様のお世話にならなければ、だれも食べたり楽しんだりはできないからです。」

禁欲主義ではなく、神の御手を認めて生きることを聖書は勧めています。

…………………………….
Yes, everything else is worthless when compared with the priceless gain
of knowing Christ Jesus my Lord. (Phil.3:8NLT)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>