箴言 31章

「「麗しさはいつわり。美しさはむなしい。しかし、主を恐れる女はほめたたえられる。」(30節)

LBでは、このように意訳しています。

「人は見せかけの美しさにすぐだまされますが、そんな美しさは長続きしません。しかし神様を恐れる女は、ほめたたえられます。」

 もちろん、お洒落をすることを否定しているわけではありません。そうではなく、外見よりも内面が大切であるということです。外見は一時的であり、内側にあるものが、結局は外側に現われてきます。ですから、大切なことは、結局は、神様を神様として畏れ、敬う姿勢だと言うのです。もちろん、これは女性に対してだけではなく、男性にも言えることであることは明らかです。神様はこんなことも言っています。

「人はうわべを見るが、主は心を見る。」(Ⅰサムエル16:7)

「主よ、あなたを認め、畏れ敬うことができますように。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>