箴言 6章

「主の憎むものが六つある。いや、主ご自身の忌みきらうものが七つある。」(16節)

この箇所には、神様の憎む行いが具体的に記されています。それをLBではこのように訳しています。

「神様のきらいなものが六つ、いいえ七つあります。なまいきな態度、うそをつくこと、人殺し、悪だくみ、悪事に熱中すること、偽証、仲たがいの種をまくことです。」

意識してこれらのことを行っているならば明らかに問題です。しかし、残念ながら私たち人間は無意識のうちにもこれらのことを行っていることに、心を留める必要があります。自分は正しいことを行っている、自分の義は絶対だと思っているならば、そういう人はもしかするともっとも神様が『忌み嫌っている』ことを行ってしまっているかもしれません。自分は正しいと思っている時こそ、もっとも気をつける必要がある時だと思います。なぜなら、そんな時、自分の不完全さや足りなさを忘れてしまうからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>